線をどう使うか、線の昆布使用方法_健康網

p>
;を保つ<時<>歯
清潔、私たちの最も常用する方法は歯を磨いて、どのみち30%-40%が歯を磨く時の歯の顔はブラシのを含め、隣接する歯間の歯の顔、または配列そろわない歯の重なり面.

の線が中国人にとっては、まだ比較的よく知らないで、しかし線を効果的にお聞き嵌塞物、口腔衛生レベルを高め、控除塞牙もたらした苦しみのために.線はスムーズに到着歯を磨き、うがい届くことのないようを効果的に狭い、歯間の間の食べ物の殘りかすやプラークやソフト歯垢、予防歯科疾患、保護の歯はすべてとても効果がある.しかも線扁平の特徴を線で歯間自在シャトル、歯を傷つけないよう.使用時の線は<>マッサージ
刺激歯週歯増加し、歯莖の血液循環、歯科疾患の予防作用.

健康養生

健康飲食

多くの人に

線歯をほじくるまだあまり理解して、ここでみんなに紹介する方法を正しく使用線.まず切り取っ約45センチの長い線と違って、指の長さ.端を纏って手の中指の2番目の指節は、固定線.その後は向こうが別の手の中、第二ナックル.両手の中指、薬指と小指握りしめ拳心、親指と人差し指を直、手のひらを反転させる手のひら外2親指内側を親指と人差し指、二二直角で四方で線を締める.人差し指を上に向けて、手の親指と人差し指と一緒にもう一方の手の指を締めるの線を通じて、多肉のところに線を両手で指間約いちセンチ、指を直、爪に爪.線を持ち込むように、細い歯歯と歯の美しい滑り込ん交代の縫内には、自然の抵抗に出会うまでは.そして、引き締まって歯の線を上下運動、ぎいと音がするまで.吹きながらの歯の顔が同じようにした後、別の面で歯が、歯の顔に引き締まって歯の面、そして少しは「C"字形の線を接触面積のカバーできる全体の隣接面.

「p健康食<P>健康食<P>

の線から練習を始めた時、前歯の真ん中から順序后牙に移動し、操作の右前歯応用区、右手の親指の左前に歯の区は、左手の親指で、このように比較的顺調操作.きれいな歯の線で口元まで時、親指と人差し指と親指の代わりに不便で、この時が、つまり人差し指の組み合わせで、人さし指を置いて歯の内ながら、別の人さし指を置いて歯の外、頬を広げ、より容易に后牙区、そして傷つけないよう口元.あごの前に歯が、やはり親指と人差し指に合わせて、そして人差し指を調整する要領は手を上から、人差し指の腕は、あごの后牙区と上顎のように、2人差し指の組み合わせ方法.

>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です