「生唾」はしゃっくりすること昆布ができる

食卓の上に、一人の病院の院長を食べた口唐辛子,思わずからげっぷをする.みんなはニヤけ、院長は倒れても自然、と言い,昆布、古い病気、辛いものを食べるとしゃっくりが出る.そのとき、そばにある夕刊総帥はウェーターに手を振り、白水を一杯に来た!すると院長に、あなたは1つの大きい涎をくわえて、7回の咽頭の下で、あなたはしゃっくりがすぐに止まることを保証して!院長は哈哈笑う、試してみると!院長は、七度の白い水を飲みました.しゃっくりは本当にない!ある人は言う、これは間違いなく注意して、また人は言う、これはのどに対して慢性刺激の結果です.しかし、どんなに、この秘方、本当に効き目があるのです.ともかく食卓にまとめたみんなの院長のしゃっくりされる新聞社社長治のニュースは、この散って民間のさまざまな生活(本当に値打ちがある私達は医学界はきちんと整理整理.もし本当に権威ある部門は民間の秘方に対して整理と発表をすることができて、私はとても解決することを解決するために何か緩和する作用があることはできなくて、少なくとも本当に本当に体の上の不快なことを助けることができます.この治しゃっくりの秘方はどこから来たの?みんなの問い詰めの中で、夕刊の総帥はほほほ、、、、私は,このように教えてくれます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です