クコ子の昆布役割と効果とクコの腎臓の利益の精

クコクコクコクコクコクコクコクコクコ漢方医は、腎臓の蔵精、主成長発育と生殖と生殖と生殖と生殖と生殖と、人体に大切な臓器.寒い冬はちょうど腎臓の最高の季節で、クコと腎臓の豆はとても良いです.クコは、クコの利益は著しい効果と、その性質と、歴代の名家によって、体の健康に、寿命を延ばす良薬.

漢方医の理論は、枸杞子性味の甘平、帰肝、腎臓、益に優れて、腎臓养肝明目、補血を鎮めて、唾液の分泌を促進して渇きをいやして、常用、治療の腎臓を補って虚損,昆布、精密な血を補うと思っ不足.でも、違う病証明と体質、クコ子の食べ方は違います.

クコはクコクコを食べますクコを食べます

肾阴不足による虚労弱々しい、足腰はだるくて痛くて、足の膝がぐったりして、めまい耳鳴り、最も簡単なのが法を食べるのはクコため薬局.20分のクコを取り、10~20分後に蒸らす、3度と3回後にクコ子を食べて食べます.クコ子よりも栄養成分の吸収に役立つ.近代医学の家の张锡纯ごじゅう歳にして、毎晩寝る前に噛む服クコの実さんじゅうグラム.暑さの人は朝晩各服15—40粒 ,堅持1~3ヶ月で効き目があると提案している.寒の人は生で食べないで,しかし碗の中で30~40分蒸してから食べることができます.

高齢者は、主肾阴不足と物がかすむ、風に涙を流すなど、クコ粥が手伝いに来て.作る方法は、うるち米150グラムに適量の水煮水煮、かゆが早く熟した時30グラムのクコに参加することにしていた.男性肾阴不足は主にインポテンツ不妊、夢精早漏、腰痛、尿が尽きない、よく食べて、泡クコクコ粥水.さん肾阴不足表現を月経不順、顔色萎黄、不眠など、常に食べてクコの実が正して固本、生精補髄.さんもよく食べてクコ白木耳スープ、枸杞子25グラム、シロキクラゲじゅうごグラム、適量の水の焼き成濃汁、ハチミツを入れてにじゅうグラム、またご分焼いてすぐなり、ぬるいお湯服、あさっていち度.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です