何を食べて脳昆布脳レシピ推薦夏

子供は成長発育期脳の栄養を重視して、夏のこの子供に何を食べて脳を?下小編を紹介します夏の脳のレシピ――桃仁炒め、美味しくて美味しくて脳、学びましょう !

くるみ

れ庶民と呼ばれる脳の健やかな脳核美食、よく食べる人は聡明に.クルミの実が多く含まれているのは蛋白質と人体の栄養必要不飽和脂肪酸、滋養脳細胞を強め、脳の機能があり、動脈硬化の防止、コレステロール低下作用;胡桃を多く含むビタミンE、よく食べる潤肌、黒いひげと髪の作用で、肌はしっとりすべすべ、弾力性に富んで、ときに疲れた時、いくらかの胡桃かむ、疲労やストレスの役割.

原料:p/p

桃仁200グラム、チキン2つ、ニンジンやキュウリの適量,葱と生姜と大蒜、オイスターソース、しょう油、塩.

P作り方:

p> <いち、もも肉の骨の角切り、オイスターソース、醤油、かたくり粉塩漬けじゅうご分;

p2、くるみ仁は熱湯で5分ぐらい浸して.とりだす桃仁たら入油水分から黄色、すくい;

3,昆布、鍋に油を入れ,ねぎを入れて、姜大蒜を入れて、

を入れます;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です