秋季に養生する上物は秋に行って、昆布茶に適する茶を飲むに適していません

秋に入り、天気が乾燥して、朝晩の気温差が大きいほど、口がからからに乾き、唇が荒れる、漢方医の秋燥、立秋後と健康養生、お茶を飲む必要が多い.秋の養生の最良の方式は茶の飲茶です.その秋養生はどんな茶を飲むに適しますか?

p秋養生はお茶を飲んで何項養生茶を推薦して秋燥に行く

紅花1、紅花茶<P>

紅花、味の甘、無毒で、行ける男子女子経血、通水、多くは行の血、少なくは血.

p>と<紅花紅花の種ビタミン族と生物活性成分、血、血行をよくすること、血圧、脂肪を減らして,昆布、抑制血栓症や心臓を守る、美容の機能.お茶を飲むことができる秋紅花顔をケアして、血を、ありますダイエットする作用!注意して寝る前に飲み過ぎて、過度興奮して眠りに影響しないで
.

p2、ジャスミン茶

ジャスミン茶は私の国特有の香り茶で、1種再加工茶葉.『中薬大辞典』によれ理气ジャスミンの花が咲いて鬱、魔よけ穢と中」の効果は、下痢、腹痛、結膜炎や毒瘡など優れた消炎解毒作用.

常飲ジャスミン、サン明目、唾液の分泌を促進して渇きをいやし、去痰治赤痢,通便利水、風を取り除く解表、療瘻、堅歯、益の息力、血圧、強い心、防龋放射線損傷、抗がん剤、抗老化の効果、長生きします,心身の健康.

P3、キクラゲ茶

p>シロキクラゲは<茶滋陰逆上をとる、肺を潤すこと咳を止める効果適用陰液が不足し、特に咳.秋の乾燥による咳、肺熱が非常に効果的です.

Pは忙しいサラリーマンも家で休む老人は、秋の乾燥の季節、さらに養生、多くのお茶を飲んで体の問題を防止するために.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です