赤身の昆布精の危害は「赤身精」と豚肉を見分ける

赤身精と豚肉の出た豚肉の出現は、ここ数年市場には.いじってびくびくする人も多いが、豚肉を食べなかった.では、赤身の精は何か危害がありますか?赤身の精と豚肉を判別するのか.中手中手はどうするのか.一起きてみようか.

赤身には、赤身の害<P>に危害を及ぼしている<P>赤身の精は副腎類神経に属します.飼料に赤身精と添加、動物の赤身の量を増やします
.関連科学研究は赤身の精毒性が強い、薬を薬でも薬を使用することができ,昆布、戦慄、頭痛、吐き気、嘔吐などの不良反応が明らかになった.

特に高血圧、心臓病、甲状腺機能高進、前立腺肥大などの患者、その危険性がひどい.長期使用、染色体が変形し、悪性腫瘍が誘発されます.赤身の精は食中毒など体の不良反応を引き起こし、基礎疾患を引き起こし、人が死亡.

赤身の赤身は心臓患者に対して危害が大きい赤身精属気管支拡張薬、喘息治療に使えるが、一般市民の服用後や引き起こす手ブレ、ドキドキ、甚だしきに至っては心拍数が、特に元々心臓科の疾病の患者の負の影響が大きく,や心臓発作を引き起こすと視しなければ,深刻な線量.

赤身に中毒症状

人が食べる赤身精殘留量の高い豚肉、内臓が出て病原中毒症状:顔を赤くする喉が渇いて、皮膚アレルギー赤い丘疹、いらいらして不安、不眠、指振戦、足が瀋感、ひどい時に立つことができない.筋肉が震えて痛みが伴う.心は速さ、非力、耳鳴り、頭痛、めまいなどのシリーズ代謝障害、障害性中毒症.潜伏期間は30分~2時間、赤身の精量の数と豚肉(内臓)の多少の違いによって異なります.長期にわたり食用会は人体の交替に紊乱、悪性腫瘍を誘発する.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です