男の昆布ホワイトカラーの養生の秘法あなた胃病を撃退

編者編者編者:生活リズムの加速,ホワイトカラーの養生はいっそう軽視することはできなくて、胃はますます弱くなってきます.会食拼酒、大、夜更かし殘業あるいは看碟、満腹に座ってい……これらの行為の裏は胃病通知書です.その日常胃病はどのように育てて、胃病は何を食べて何を食べて良い?冷、遅れ、多、座ると、胃が4分のもあります.

寒い:胃、十二指腸潰瘍発症季節性、秋と冬春交代はピーク、寒い冬は特に注意して胃をかう.胃痛、腹部の不快感,昆布、消化機能が低下してしまい、そこで食べる冷たいものを引き起こして増やしたり胃病の症状.

遅く:胃から小腸にあけて,食べ物を消化約二時間、夕食を食べるのがあまりにパーティーによる胃腸消化時間がないということによって、消化の機能異常.

多:食べすぎによる胃酸、膵液、胆汁などの消化液分泌増加し、分泌能力を超えて、つながる可能性胆管膵管などは比較的狭い、閉塞、消化の機能の乱れに.

乗って:ご飯を食べた後にすぐに座って仕事に沒頭するに適しないので、胃腸の消化必要十分な血液保障などの仕事にご飯を食べ終わって、血液供給できない脳、胃腸の消化に必要な循環血液量、とても影響の消化の機能.

p胃病で何を食べていい?

多く食べてかぼちゃ、カンラン、サツマイモなどで胃をかう

カボチャ:カボチャに豊富に含まれるペクチン吸着細菌や有毒物質、解毒作用.また、ペクチンは胃潰瘍を保護し、胃潰瘍を減らします.かぼちゃはおかゆやスープ、滋養を滋養ます.

カンラン:キャベツは世界保健機関の推薦の最優秀野菜の1つで、と呼ばれる天然の胃の料理.含まれるビタミンKとビタミンUだけではなく、胃潰瘍、抵抗を修復保護胃の粘膜組織、胃の細胞の活性化を旺盛、病変の確率を下げる.

サツマイモ:サツマイモ性は引き分けして、味の甘、脾臓の益の息.『綱目拾遺』記:補う中に、暖かい胃、肥五臓.寒空の食用、正気健胃、食物を消化するに積、兼可整腸ダイエット.

p>,
厚生労働省承認されたED治療薬レビトラ; <鉄山芋:鉄の棒でじゅうはち種類のアミノ酸に富んで山芋とじゅう種余りの微量元素ミネラルや他のため、内臓を強くする胃、補肺の腎臓、益の息、内臓を強くする補補う中に虚固腎益に優れて、益の安心神などの作用.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です