更年期婦昆布人が注意すべきこと

更年期女の人は乾燥症候群

に気をつけて

シェーグレン症候群の著しい特徴は乾燥、つまり体内外分泌腺もすべての萎縮、すべての唾液分泌液を含む、涙液、あせ、胃腸の消化液、鼻腔内分泌物などもひどい減りが現れるので、シリーズの乾燥の症状.正常な人はすべて口が渇きます、口の中はすべて直ちに水分を補充します.しかし、女性にとって、特に更年期前後の女性、長い時間深刻な口の中で水分を補充して水分を補充する時,また無効にする時,昆布、乾燥した総合的な症候群を患うかどうか考えなければならない.

p乾燥症候群はグリム症候群、または口眼乾燥関節炎症候群.最後に1種の命名法はこの総合徴候の徴候を出て、即ち競いの主要な表現は口の中で、目が乾いて遊走性関節痛に痛いです.特に、口は症状が多くなく、動力はごじゅう歳ぐらいの女性.すなわち外分泌腺も体内のすべての萎縮、すべての唾液分泌液を含む、涙液、あせ、胃腸の消化液、鼻腔内分泌物などもひどい減りが現れるので、シリーズの乾燥の症状.

は、唾液の分泌が激減している中、舌乳頭、舌苔、ぱっ、ぱっ、ぱっなど、異物感、結膜炎、角膜炎、失明、失明,
媚薬 比較.その患者は遊走性関節痛、朝から関節硬直、活動制限、リューマチ因子陽性、関節奇形発生.

シェーグレン症候群の発生は体内の免疫システムに現れた見分けるを誤って、患者の体内のT細胞が欠陥により、B細胞の活動が亢進、生成大量の異常抗体、自己組織認識を異物を丸飲みにして、自身のすべてを破壊したほかの分泌腺、そこに各種外分泌液の激減、口、目がやる、関節炎の症状.そのため、長期的に口の中で口にしている女性は多く注意して観察して観察して、検査して、くれぐれも.

更年期婦人は口腔衛生

に気をつけて女性は36歳から、骨の中のカルシウムが失われていくということです.閉経前の女性の骨の中にカルシウムは毎年1%のスピードで減少.閉経後、特に閉経後ご年前、骨の中にカルシウム紛失は10%程度に達し.骨粗しょう、骨組織萎縮症.

歯は成長して上の下顎骨の中の、歯週囲の骨格と呼ばれる歯槽骨.女性更年期前後、骨の中カルシウムの紛失、歯槽骨が粗しょうと萎縮が現れて.その結果、歯のまわり骨がしぼん、表面の歯ぐきもめげ,歯根が次第に暴露されている.歯は冷熱に出会って甘酸っぱい甘酸っぱいと痛みを感じる.暴露の根は虫歯になりやすいので、更年期の前後には、女性に特別に発生しやすい口腔歯科疾患.

更年期前後の女性は、特に口腔衛生に注意して.

毎日朝晩

歯を磨いて、寝る前にと朝目が覚めた後で「叩齿>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です